三島由紀夫
身辺雑記より抜粋