ジャズ・ブルース シリーズ


ロバート・ジョンソンぐらいの天才になると様々な伝説が語り継がれている。

ヘタだった演奏が、ある時を境に素晴らしく一変し、「それは悪魔に魂を売り渡したから

に違いない」などと。

私がロバート・ジョンソンを造ろうと思った時、まず始めにイメージしたのは青空をバック

に十字路に立ち、契約の為に悪魔を待つ若者である。
その顔は何事か企んだ面持ちで

なければならない。


96年の個展において、始めて写真を発表した。今まで仕事その他で、私の造った人形

を何人ものカメラマンに撮って
いただいたが、そのつど思ってもみないように撮られるの

が面白く、いつもおまかせしていた。
しかし私はこういうつもりでこの人物を造り、このよう

に見えるのだということを、
自ら撮影することで表現できるのではないかと以前から考

えていた。
ただ使用するカメラのフォーマット、レンズの選択、ライティングの方法など

かなか決まらず、
撮影にいたらないまま十年ほど経ってしまっていた。
 

ところが、個展もあと二ヶ月と迫った頃、タナからボタモチのように様々なことが解決して

いったのである。一つには背景の壁や床や地面などを全部
造ってしまったことが、大きい。

よって画面には私の造ったものしか登場しない
こととなり、積年の思いを形にする作業に

没頭していった。


それまで架空の人物が中心であったのだが、その時の個展では実在した人物を主に造

った。
中にはブラインド・レモン・ジェファーソンのように、斜めをむいたボヤケタ写真が一

枚しか残っていない
人物もいたが、誤解を恐れずに言えば本当はどうだったかということ

は、実はあまり
問題ではない。自分の中にどんなイメージとして存在しているかだけが

腎なのである。

また撮影において、相手がジッと動かない人物であるにも
かかわらず、度々シャッターチ

ャンスを逃がすということがあった。
どうやら決定的瞬間というものも、被写体の側にある

のではなく、
自分の中にあるようだ。

97年玄光社イラストレーションより