大正十五年 天然色寫眞展覽會

大正十五年五月1日より十六日まで、大阪大丸呉服店にて大阪の写真科学会主催の
天然色写真展覧会が催されている。設立年度などは不明であるが、大阪に次いで東京
も設立されている。
会則には事業として講演会及び展覧会が記載されているようだが、十五年時点で毎月
談話会と、雑誌を第七号まで出しているようである。 設立は鈴木陽(陸軍技術本部)
後に三上壽恵吉が中心となり、鈴木は東京写真科学会の発起人にもなっている。
天然色写真展覧会は三月某日、新宿駅二階精養軒食堂にて、六桜社の江頭春樹と鈴木
により話し合われ、写真科学会の事業の一環として開催する事を計画する。
当時大毎社(大阪毎日新聞社)は写真作品の募集中で、その中に色彩写真の項があっ
ので写真科学会のメンバー五人が監査役となり、一ヶ月の準備期間で催された。
ひろく作品を募集し、会場では作品だけではなく理論、カメラ、操作、実験というようにこの
時点で考えられる、天然色写真の情況を示したものであり、作品だけでなく、三色分解用
カメラ、スコープ、プロジェクターなども展示された。一般の感心は高く、1万8千の観客を
動員し、続いて7月1日より東京展も開催されている。なお会期半ばには以下の講演会も
催された。
講演会 五月十一日
主催 大坂毎日新聞社※大正11年〜12年広告部に江戸川乱歩在籍
開会の辞 北尾鐐之助(寫展委員・科學會員)
講演 「スペクトラムと天然色寫眞」山部敬吉
「天然色寫眞及其フヰルター」飯田舜造
「三色寫眞の原理及實際」江頭春樹
閉会の辞 三上壽恵吉(幹事)

天然色寫眞展覽會
技法 出品者
リツプマン式天然色寫眞 京都帝國大學工業化學教室
瀘光板と乾板との分光寫眞 大阪工業試驗所
クロモスコープ 京都市河原町 島津製作所
ミーデ式撮影機 亀井勝次郎
中島式暗箱 小西六大阪支店
レーロ式暗箱
バツトラー式暗箱
ヨスぺ式暗箱 淺沼商會大阪支店
エルンストラーゲ法
中島式印畫法
十一 ゴム印畫法 米谷紅浪
十二 グリユー印畫 村上誠三
十三 ピナタイプ法 京都市立工業研究所
十四 ヨスペ印畫 東条スチユージオ
十五 轉寫現像紙法 江頭春樹
十六 ブロモイル、トランスファー法 林平吉
十七 亀井式透明板法 亀井勝次郎
十八 亀井式印畫法    〃
十九 コロタイプ印刷法 大光寫眞工藝研究所
二十 スクリーンプレート オートクローム 鈴木陽
アグファ・カラー・プレート アグフア會社
二一 キネマカラー
二二 幻燈法
二三 漂白法