キネマカラー (映画用)順次交換映写法

回転円盤に取り付けられた赤、緑、青のフィルタを通 して撮影し、

映写時にレンズの前で三色のフィルターを回転する事により

三色像が交互に映写され天然色
に見える。

実際は色光像は順次別々に交換され、各色が混じる事はないが、

高速にて映写されるため、三色が混ざったように見える。

実際には二色分解法のものが35ミリ映画ではキネマカラーとして

利用された。

映写特殊な映写機が必要なのと、動く被写体は色ずれ

を生じる
問題点がある。