リップマン式天然色写真(光干渉法)

フランスのリップマンが1891年に発明。感光膜の背面に水銀を接触しておき

感光膜に入ってきた光と、感光膜を突き抜けて水銀面に当って反射した光が

干渉しあって縞目模様ができる。この感光板を反転現像すると縞目模様の中

の天然色画像が見られる。