areh

  ふと私は、行手に当たって何かが起こっているのを知った。十四五人の大人や子供が、道ばたに不規則な半円を描いて立ち止っていた。 それらの人々の顔には、皆一種の笑いが浮かんでいた。ある者は大口を開いてゲラゲラ笑っていた。