「-俺はどんなに俺の女房を愛していたか-」