そして、それらの殺風景な家々の闇に挟まって、細い格子戸の奥にすすけた御神燈の下った二階屋が、 
そんなに両方から押しつけちゃ厭だわという格好をして、ボロンボロンと猥褻な三味線の音を洩らしていたりした。