椅子の中の恋(!)それがまあ、どんなに不可思議な、陶酔的な魅力を持つか、