彼女の所へは、毎日の様に未知の崇拝者達からの手紙が幾通となくやって来た。