それは、夢の様に荒唐無稽で、非常に不気味な事柄でした