でも、その不気味さが、いいしれぬ魅力となって、私をそそのかすのでございます。