探険家・菅野力夫世界を行く

第三回世界一周旅行の實况   菅野探険家後援會事務所發行   東京市京橋區南大工町五番地
岡田精弘堂製  南米ペル|國  インカ帝國ルリン宮殿の廃墟にて  誰か惨憺たる此血の歴史をみて涙なからんや  亡びて山川あり嗚呼インカ帝國の末路     髑髏に毛髪の遺れるは無雨地帯なるが故なり  鬱蒼たる椰子樹の下南洋跋渉中の菅野力夫



 朔風骨刺すシベリヤの氷原単身堅氷を蹴って北進す  見よ漆黒の鬚髯は氷化して銀線の如 アマゾン大河の上流大森林地帯探険中の菅野力夫 此地はアマゾンの峻嶺を越へて裏南米に位し怪傑星一氏所有 廣 五十萬町歩地内にして南米に於ける最廣の日本領土なり 円内の王 
というのは菅野と同じ福島出身で
作家星新一の
太陽は砂より出でて砂に入る 南米ペル|大砂漠地帯を 馬旅行中の世界探険家 菅野力夫
インカ帝國の廃墟に立ち遥かに祖國を拝して 日本帝國萬歳を唱ふるペル|生れの 我少年少女と 菅野力夫