私と写真


私が、写真を始めたのは、オートフォーカスの一眼レフが出たときだから、三十に近い頃

だった。昔から私のまわりにも、写真、カメラ好きがいたが、もともとメカ嫌いという事もあっ

て興味を持つ事はなかった。人形で個展をするようになり、DM用の写真が必要なのだ

が、お金をかけるわけにもいかないので、カメラを持っている友人に撮ってもらうことになる。

その際、横からファインダーを覗くのだが、自分が乱視なのを知らなかったのでピントが

合わず、さらに写真嫌いになる。そうこうしているうち、オートフォーカスが出たというわけ

である。 

二十数年前、私は陶芸作家を目指し、そのテの専門学校に入ったが、その頃の知り合

いでカメラマンを目指す男がいた。非常にウマがあったが、よくケンカにもなった。彼は

「お前のような神経の奴に、いい器なんてできるわけがねェ!」と言うし、私は

「あの山はお前が撮る前からデカイし、あの娘だってお前が可愛くしたわけじゃないだろ、

このカッパライ野郎!」とだいたい何時もこんな調子である。 後に私は、彼の予言の適

確さに驚くわけだが、彼はカタギのサラリーマンになり、一方私は写真展を開いたりする

ようになった。人形を題材にすることもあり、壁や地面、時には空まで造るはめになるの

だが、あの頃あんな暴言を吐いたバチだと彼は笑うのである。