大正八年乱歩は上京し、本郷は団子坂に
 弟とともに古書店『三人書房』を開いた。
 『応接間のようにテーブルと椅子を置き、
 テーブルのうえの蓄音機で流行歌謡をかけて、
 来客の社交の場とした。竹久夢二装丁の楽譜
 類を仕入れ、ショーウインドウに飾って販売』
 以上の情報と、乱歩のスケッチを元に再現。
 
『D坂の殺人事件』用に夜間の設定。